つれづれおきば。

筆名「わらび」の一次創作置き場。SSだったり短歌だったり。

【Twitter300字SS】梅ひと枝

Twitter300字SS第30回お題「飾る」より。
https://mobile.twitter.com/Tw300ss/status/835459444058161152
本文はつづきより。




わたしは決まってこの時期、窓辺に梅をひと枝飾る。
白磁の一輪挿しにささやかに、ふたつみつ花を付けた梅の枝を。
決して無理に手折ったりしない。
風の荒れた夜の後、梅咲く丘に出向くと不思議と見つかる折れた枝だ。
しかもこれからまさに花開かんとする蕾つきの。
わたしと同じ、もう朽ちるのを待つしかないその枝を持ち帰り窓辺に飾る。
折れた枝でも花は綺麗に開く。
蝋梅、紅梅、そして白梅。
年によって違えど咲かぬ年はない。

今年は白梅だった。
あの人の好きだった花。
いつものように飾り花開くを待つある夜、微かに梅の香がした。
気づくとまだ咲ききらぬ梅の枝の下に、見覚えのない白梅が一輪。

ああ、今年も。

「今年も来てくれたのね、あなた」


【300字(改行含めず)】


お題は「飾る」3月らしく自分の好きな梅の花と絡ませて書いてみました。
こういう雰囲気の和風ファンタジーも好きです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。