つれづれおきば。

筆名「わらび」の一次創作置き場。SSだったり短歌だったり。

【Twitter300字SS】氷の女帝の涙

Twitter300字SS第29回お題「氷」より。
https://twitter.com/Tw300ss/status/825312548719177728
本文はつづきより。




かつて「氷の女帝」と呼ばれ恐れられた女性の治めた国があった。
幼い頃から「女でも強く正しくあれ」と育てられた彼女は、その言葉通り、どんな小さな悪でも許すことなく、間違いを犯した者を捕らえては、例外なく斬首に処す冷酷な女帝となった。
しかし歴史に例外はなく、彼女の所業も民衆の反感を買い、その後反乱によって国は一夜で滅びた。
諸悪の根元として捕らえられ、民衆の前で斬首となった女帝は、その最期の瞬間まで「氷の女帝」の名に恥じることなく、涙を見せるどころか、その表情すら変えることはなかった。

ただ異聞として、生き残った女帝の側近の言葉が残っている。
「氷の女帝を解かしたのはただ一つ、亡き夫の求婚の言葉のみ」と。


【300字(改行含めず)】


今回のお題は「氷」ということで、なら氷ができる、凍る話ではなく、氷が解ける話にしようと思って仕上げたのがこれでした。
ベタな展開ですが、最後の二文が個人的には気に入っています。
お付き合いありがとうございました。