いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

箱館旅行

函館旅行ならぬ箱館旅行二日目の写真まとめです。

函館市内の箱館戦争関連の史跡を巡っております。

写真めっちゃ多くなったので、お覚悟いただければ。

なので、説明も簡潔にしています。

 

ちなみに初日はこちらになります。

xskyxdreamx.hatenablog.com

 

 

二日目はこちらからスタート。

 

【弁天台場跡】

f:id:shomi712:20170606082950j:plain

碑にある通り、新選組最期の地ですね。

弁天台場自体は、もう残っていません。

ただ護岸はかつての台場の石垣を一部流用しているとのこと。

f:id:shomi712:20170606083710j:plain

こんな感じですね。

この壁の向こうに弁天台場がありました。

ちなみに石碑は明治29年~33年にかけて行われた工事を記念して建立された「函館港改良工事記念碑」になります。

 

【高龍寺】

f:id:shomi712:20170606085616j:plain

続いて、高龍寺

旧幕府軍の臨時の病舎として使用されていましたが、新政府軍によって傷兵が惨殺されてしまいました。

後に旧会津藩士たちによって建立された「傷心惨目の碑」があります。

f:id:shomi712:20170606090154j:plain

ただ高龍寺は函館の大火を受けて明治12年に現在の位置に移転したため、箱館戦争当時の位置にはありません。

 

称名寺

f:id:shomi712:20170606091451j:plain

高龍寺より歩いて5分ほどのところにある称名寺

称名寺もまた明治12年の大火で焼失し、明治14年に現在の位置に移転しました。

こちらには、土方さんと新選組隊士の供養碑があります。

f:id:shomi712:20170606092232j:plain

こちらも大火で焼けて当初のものは現存しておらず、昭和になって再建されたものになります。

 

【沖之口番所跡】

f:id:shomi712:20170606094342j:plain

称名寺からまた歩きまして、着いた場所は沖之口番所跡です。

箱館新選組の警備拠点の一つらしいです。

明治以降は警察署として機能していて、この建物は大正時期のものの復元です。

現在は、函館市臨海研究所となっています。

 

新選組屯所跡】

f:id:shomi712:20170606095610j:plain

明治12年の大火で焼ける前、前述の称名寺はこの場所にあり、新選組はその称名寺を屯所としていました。

現在は、函館元町ホテルとして宿泊できる場所になっています。

 

ここで市電に乗り換え。

次に向かったのは、いよいよ。

 

【碧血碑】

f:id:shomi712:20170607215906j:image

f:id:shomi712:20170606104147j:plain

榎本武揚が「土方歳三のために建てたようなものだ」とまで言ったとされる碧血碑です。

満開のツツジに囲まれて何とも荘厳な雰囲気でした。

この地に立つ日をどれほど夢見たことか。

f:id:shomi712:20170606104426j:plain

土方さんのお写真と一緒にパシャリ。

 

碧血碑の隣には、新政府軍の命令で放置されていた旧幕府軍の兵士の遺体埋葬に尽力した柳川熊吉翁の碑もあります。

f:id:shomi712:20170606110031j:plain

 

【異国橋跡】

また市電で戻りまして、今度は異国橋跡です。

土方さんの終焉の地、その候補地の一つです。

一番有名なのは一本木関門ですが、こちらの説もありますね。

今は説明板がある程度です。

f:id:shomi712:20170606114342j:plain

f:id:shomi712:20170606114558j:plain

案内板のある交差点はこんな感じ。

 

さて、市電で函館駅まで戻った後は、昼ご飯を食べた後、ここからはひたすら歩きました。

午後一番はこちら。

 

【一本木関門】

f:id:shomi712:20170607220122j:image

異国橋跡でも触れた一本木関門です。

こちらには、「土方歳三最期之地碑」があります。

f:id:shomi712:20170606130402j:plain

ここもずっと来たかった場所ですので、立った時は感無量でした。

 

【亀田八幡宮

f:id:shomi712:20170606133123j:plain

続いて、亀田八幡宮です。

榎本武揚は、この地で降伏を申し出たとされ、箱館戦争終結地となっています。

f:id:shomi712:20170606134816j:plain

このように、「箱館戦争降伏式之地」と書かれた碑もあります。

この碑の背後に旧拝殿があるのですが、これは箱館戦争当時のもので、戦争時にできたと思われる銃弾や刀傷が未だに残っています。

f:id:shomi712:20170606140549j:plain

上部にぽつぽつ穴が。

虫食いじゃないよ、多分。

亀田八幡宮では、御朱印もいただいております。

f:id:shomi712:20170610144741j:plain

 

さて、最後は長距離歩きまして。

 

【土方・啄木浪漫館】

f:id:shomi712:20170606151210j:plain

哀愁テーマパーク 土方・啄木浪漫館という、こそばゆい名前がついております。

土方歳三函館記念」という名称の方が分かりやすいかもしれません。

一階は土方さんの、二階は石川啄木の展示となっています。

啄木の人形が動いて喋る様はかなりびっくりします。

 

土方さんのスペースは入口に頭のない鎧と共に「隊長! 土方隊長!!」という叫びが聞こえてきますので、こちらもかなり度肝を抜かれます。

雰囲気はありますが、展示内容は武具紹介が殆どで、一次史料は少なめ。

またかなり主観の入った展示解説になっていますので、自分はその点が少々気になりました。

主観というか独自解釈というか。

ソースが不明な部分もあったので、普通の資料館とは少し雰囲気が違いました。

あくまで土方さんに浪漫を感じる場所という感じかなと。

 

 

以上、随分長くなりましたが、これにて箱館戦争縛りのスポット巡り二日目は終了。

この後、函館山の夜景を見に行ったんですが、そちらはTwitterリンクを貼ってさらっと流しておきます。

こんな感じです。

 

以上、箱館旅行二日目でした。

三日目は、江差松前になります。

広告を非表示にする