いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

箱館旅行

f:id:shomi712:20170605220951j:image

実に24年ぶりの飛行機から見る富士山は綺麗でありました。

一人で乗るのは初めてだったもので、搭乗の仕方がよく分からず、最初ドタバタしてしまいましたけど(しかも乗り継ぎあるから、余計に戸惑う)何とかなるものだ。

 

さて、もう10年近く渇望していた函館旅行が、ついにこの2017年6月に実現できまして(職場の事情で1週間休みになったため、普段だとこんなまとまった休みはまず取れない)

今回は、その時に撮った写真をUPしてみようと思います。

よろしければ、お付き合いくださると嬉しいです。

 

長くなると思いますので、以下の記事はたたんでおきます。

お付き合いくださる方は、続きをどうぞ。

 

 

さて、2017年6月5日から9日までの4日間で巡ってきた函館ですが、新選組好き、土方歳三最愛を謳う自分が、ただの函館観光などする訳もなく、もちろん箱館戦争」巡りという縛りプレイで敢行致しました。

ですので、写真も箱館戦争ものばかりですので、その点、予めご了承ください。

 

ちなみに、今回の旅行に関して使用した参考本に関しては、「読了本ブログ」に別記事で紹介していますので、そちらからどうぞです。

 

ico-book.hatenablog.com

 

 

さて、飛行機で半日かけて函館へ到着しまして、空港で昼ご飯を食べた後は、早速こちらに行ってきました。

 

五稜郭

f:id:shomi712:20170609140920j:plain

f:id:shomi712:20170605134107j:plain

f:id:shomi712:20170605134458j:plain

ツツジ満開の五稜郭をぐんぐん突き進み。

まあ五稜郭は上から見ないとよく分かりませんね。

取り敢えず、突き進んだ先に見えてきたのは。

 

箱館奉行所

f:id:shomi712:20170605134525j:plain

f:id:shomi712:20170605221030j:image

2010年7月に復元された箱館奉行所です。

何と素敵な佇まい!

これで当時の1/3ほどのみの復元になります。

当時の木造建築物を当時そのままの手法で復元したため、鉄筋やコンクリートは使用されていないのですが、木造オンリーでそのまま全部復元となると現在の消防法で引っかかってしまうそう。

ですので、メイン部分のみの復元となっています。

それでも凄い!

f:id:shomi712:20170605140544j:plain

中はこんな感じで、一部史料展示もされております。

f:id:shomi712:20170605143611j:plain

復元できなかった部分は、こんな感じでラインが引かれています。

当時はこんなに大きかったんですね。

 

余談ですが。

親切な現地のおねえさまが教えてくれたのですが、この箱館奉行所から程近いところに、土方さんの埋葬地の候補地があるそうで、一応教えられた通りに行ってみました。

f:id:shomi712:20170605221102j:image

某坂を登ったすぐ右手の木の根元らしいのですが(写真だと左手)

ただそれよりも相応しそうな大きな木も右手にあったりと、結局特定には至らず。

まだ決着のつかない話ですので、説の一つとして受け止めていただけたらと思います。

不確定な話なので、具体的な個所の記載は割愛します。

 

さて、五稜郭を地上から堪能した後は。

 

五稜郭タワー

f:id:shomi712:20170605152118j:plain

f:id:shomi712:20170605221153j:image

五稜郭を上から堪能するため、五稜郭タワーへ。

やはり、上からの眺めは素晴らしいですね。

 

五稜郭タワーでは、歴史ガイドツアー(200円)申し込めば、函館の成り立ちや五稜郭の歴史、箱館戦争の話などを解説していただけます。

地元ならではの興味深い話が聞けますので、オススメです。

自分の時は一人しかいなかったんで(まさかのここでもぼっち)より長々と掘り下げた話を聞けて大変有意義な時間でした。

ガイドしてくれたおねえさま、ありがとうございました!

 

五稜郭タワーは360度見渡せますので、五稜郭の他にも。

f:id:shomi712:20170605221232j:image

海の向こうに青森が見えたり(かなり条件がよくないと見えないとのこと)

画面半分よりやや上にある白っぽいものが青森にある建物です。 

肉眼だともっとはっきり見えましたよ。

f:id:shomi712:20170605221257j:image

函館山もばっちりです。

山から一直線に走っている道は、かつて五稜郭を作る際に石垣の石を運んできた道だそうです。

 

なお、この五稜郭タワー内には、イケメンな土方さんがたくさんいらっしゃいます。

特に有名なのが銅像ですね。

f:id:shomi712:20170605221314j:image

 

f:id:shomi712:20170605221327j:image

イケメンすぎる!!

今まで見た土方さんの像の中では一番女性受けしそうなお姿です。

座っていらっしゃる土方さんの膝が光っているのは、土方さんの膝を撫でると足の病が治ると言われているからだそう。 

まあ足指は銃弾受けましたからね、でも膝ではないのだがなあ。

この座っていらっしゃる土方さんは、実物よりは小ぶりで、立たせると140~150センチくらいだそうですよ。

 

五稜郭タワーには、グルメも色々ありまして、特に「レストラン五島軒 函館カレーEXPRESS」さんが有名ですね。

五島軒本店さんで味わえるカレーをここでも味わえます。

自分はあいがけカレーをいただきました。

f:id:shomi712:20170605221343j:image

左が大正生まれのイギリス(ビーフ)カレー、右が明治から作られているポークカレー

どちらもおいしかったです。

お土産でレトルトも買えますよ。

 

それから、普通の観光客はスルーしてしまうのですが。

f:id:shomi712:20170605133956j:plain

五稜郭タワーのお膝元には、箱館戦争供養塔もあります。

是非、こちらにもお参りしていただければと思います。

五稜郭からは掘れば遺骨がごろっと出てくるという状態だったそうですから。

 

 

と、まずは五稜郭周辺を堪能したところで初日が終了。

まさしく定番中の定番な個所から攻めてみました。

碧血碑や一本木関門などの函館市内巡りは、二日目をメインで行っております。

また別記事で上げますので、できたらそちらもお付き合いください。

 

以上、函館旅行ならぬ箱館旅行初日の写真紹介でした。

広告を非表示にする