つれづれおきば。

筆名「わらび」の一次創作置き場。SSだったり短歌だったり。

【Twitter300字SS】ある画家に纏わる都市伝説

Twitter300字SS第27回お題「絵」より。
https://twitter.com/Tw300ss/status/792335259593433092
本文はつづきより。




ある著名な老画家の惨殺死体が、アトリエから見つかった。
傍らに遺作と思われる油彩が一枚あったが、老画家が死しても尚握りしめていたペイティングナイフで、彼の体と同様に無惨に切り刻まれていた。

その後、彼の最期の作品を蘇らせようと腕利きの職人たちが総出で修復に当たり、何とか元の姿を取り戻したその絵は、何年も前に行方不明になったという画家の若い妻を描いた肖像画だった。
未完成ながらも優しく微笑む美しい妻。
しかし彼女の真白い手には、画家のものとは明らかに違う、拙くそして真新しい筆致で、血塗られたナイフが描かれていた。

あれから幾年も経ったが、未だに画家を殺した犯人も、画家の妻の行方も、杳として知れないという。


【300字(改行含めず)】


「Twitter300字SS」に今回も参加してみました。
お題は「絵」
今回は何故か季節はずれなホラーで微グロな話になってしまいました。
どうしてネタの天使様はこうも物騒な話を携えて降臨されたのか。
個人的には書いていて非常に楽しくはありましたが、会話がないので、説明的すぎな文章になってしまったのが反省点。
前回も会話なしですし。
要精進です。