読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

絵図堪能

f:id:shomi712:20161106181036j:image

 

事前にチェックはしていたのですが、事前すぎてすっかり忘れていたので、教えてくださったフォロワーさんに本当に感謝です。

 

引き籠もり予定の日曜日でしたが、開催期間を考えると今日くらいしか行ける余裕がなかったので、慌てて出掛けた先はお馴染み岡山シティミュージアム
今年はちょくちょく行っております。
今回は、企画展の池田家文庫絵図展「江戸と岡山藩を見に行ってきました。
岡山大学附属図書館とシティミュージアム主催であります。

 

毎年開催されている池田家文庫絵図展は今回で12回目(シティミュージアムでの開催が)とのこと。
でも、お恥ずかしながら、実際見に行ったのはこれが初めてです。
今年は、参勤交代に関わる絵図から始まり、江戸での岡山藩屋敷の位置を記した絵図を多種類に渡り展示、屋敷の見取り図などもあり、充実した展示でした。


特に、江戸から肥前五島までの陸路と海路を横にずらっと一気に描いている「東西道中之絵図」は圧巻でした。
「なごや」とか「大坂」とか「あこう」とか、知っている地名をついつい探してしまいました(平仮名表記なのは、絵図上で実際に平仮名表記だったため)
この「東西道中之絵図」はガラス越しにも一部展示はしてあったのですが、複製図を床一面に江戸から肥前五島までの全行程を一気に並べても展示されているところが特に見所でしたね。
ガラス越しよりもっと近くでじっくり見られますし。
圧巻でありました。

 

他にも、江戸で岡山藩がどのような役目を担っていたか、それが分かる文書の史料も展示してあり、興味深かったです。

 

難点は、岡山藩屋敷がどこにあるのか見つけられなかった絵図もあったこと。
何処かに解答図というか、印を付けたパネルも用意してあると分かりやすかったかも。
文字が細かくて見辛いものもあったので。
見に来られていたご年輩の方も苦労されていました。

 

もっとも、見に行った全員にフルカラー図録がつきますので、一応後から確認はできます。
字はもっと細かくなりますが(自分も把握できなかった箇所はこちらで確認)

 

そう、この展示も前回の古墳の展示と同じく無料で見られる上に、フルカラー図録がつくという太っ腹ぶり。
教育委員会が後援についていますので、何ともバブリーです。
ありがたし。

 

f:id:shomi712:20161106181235j:image

 

開催期間が今月13日までと非常に短いのも難点ですが、あれだけ数が揃った絵図を無料で見られる機会というのはそうないと思いますので、興味のある方は見に行ってみたらいかがでしょうか。
かなりお得ですよ!