読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

仏像神像

f:id:shomi712:20160917224058j:image

カミさまも、ほとけさまも、かなり迫力のあるお顔でお出迎え。

 

先週に引き続き、博物館にお出かけ。
今回は地元、岡山。
岡山県立博物館の特別展「カミとほとけの姿─岡山の信仰文化とその背景─」を見に行ってきました。

 

正直、仏教美術にはあまり興味がなかったのですが(おい)カミも絡めた展示と聞き、カミさま好きとしてはホイホイされた訳でして。
また、仏像や神像にも、歴史的変遷もあるでしょうし、そういう歴史の流れも追えたらなと思って見に行った次第。
丁度、展示解説も行われる日でしたので、それを狙った時間帯に行ってきました。

 

結構数があったので、他県からの物もあるのかと思いきや、展示されている物は全て岡山県内の物
毘沙門天の像だけでも結構数があって(予想通り、安養寺提供の物が多かった)びっくり。
県内にこんなに仏像、神像があったとは、純粋に驚きました。
中には、白鳳時代という古い時代に作られたとされている仏像もありました。
(一応、化学分析で、時代が合っているのは確認されている)
1000年以上前の仏像が、非常に保存状態がいいままで見られるなんて、大切にされてきた証でしょうか。

 

仏像に影響を受けて、今まで具体的な形にするのは禁忌のような扱いをされていたカミさまの像が作られるようになったという歴史の流れも知ることができて、大変有意義な時間でありました。
神像は、貴族や僧の形をしたものが印象的でした。
仏像に比べると、より人間味があるというか、身近な感じがしましたし。
まあ、自分の先祖を象った物もあるから、余計でしょうけど。

 

仏像に関しても、仏像の見分け方や(如来、菩薩をどう見分けるか、如来でも釈迦如来阿弥陀如来の違いなど)時代によって仏像の特徴がどう変わっていったのかも、展示解説を通して勉強できましたし、見に行って本当によかったです。
実際に、状態のいい物が多く、他県から見に来られた方が驚くこともあったとか。
気になる方は、是非是非。
密教関係もありますので、曼荼羅の展示もありますよ。
岡山にも曼荼羅あったのか……(ここでもびっくり!)

 

f:id:shomi712:20160917224326j:image

 

ちなみに。
自分オタクですので、展示を真面目に見ていても、十王様の掛け軸を見て「十把一絡げとか言っていた割に、この絵は十王様それぞれ服が違うし、ポーズも違う。凄い!」と思ってしまったり。
(詳しくは、某閻魔大王の補佐官が主役の作品を参考)
明王の複雑な名前が出てきても「うん、ゲームで散々見たし聞いたから知ってる!」とドヤ顔してしまったり。

(分かる人には分かる乙女ゲームネタ)
……まあ、楽しめたから、いいんですけど。
ただ、何か負けた気がします、何かに。