いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

南国裁判

f:id:shomi712:20151205184227j:image

 
今日は舞台版「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE」を見に行ってきました。
六本木のブルーシアターは黒執事ミュージカル以来。
勝手分かっている場所は、行くのに苦労せずにありがたい限り。
 
以前1作目の舞台を見た際、想像以上に出来が良かったので、今回も楽しみにしていましたが、まあ…凄かった!
以下、感想やら原作との相違点やら前作舞台との違いやらをつらつらと。
原作及び舞台版のネタバレにご注意!!
 

 

  • キャラクターについて。今回もキャラクターの作り込みの凄さが半端なかったです。どの子たちも原作からそのまま飛び出してきたと言わんばかりの出来!個人的には特に眼蛇夢をすごく褒めたい!!
  • 眼蛇夢さんはですね、登場時から台詞もないのにポージングで厨二病を遺憾なく発揮!台詞ない時もスポットライト当たっていない時も動きを逐一つけている。包帯を口で破ったり巻き直してみたり、ジョジョ的なポーズしてたり、片足立ちで瞑想ポーズしてたり、浮き輪のワンコに包帯巻きつけて散歩よろしく引きずってみたり…とにかく彼は舞台上にいると何かしらやらかしている。本編そっちのけで彼から目が離せない。また公演後の挨拶時も、他の方々が素を出している中、彼だけは最後までキャラクターを通していました。凄え!!
  • 今回の出落ち担当豚神様。及び弐大。登場するだけで漏れる笑い。前作の山田君ほどの反応じゃなかったですが。豚神様は原作通りにカッコ良かったです。でもキャラクター紹介時に豪華な椅子に座って登場した際には笑いました。弐大さんはキャラはさておき、台詞が聞き取りづらいところがあって、やや難儀しました。原作知らないときついやも。
  • 個人的に女性陣の再現度が特に凄かったと思います。七海ちゃんは、あのぽややん感がよく出てましたし、ソニア様はソニア様以外の何者でもなかったし(本当に凄かった!!)他書ききれませんが、とにかく原作からそのまま登場してもらいましたと言わんばかりに凄かった!
  • 男性陣も無論負けてない。日向くんの原作何割増しのイケメン度はさておき(笑)狛枝の初登場時の優しい青年から狂気の希望厨への変貌っぷり、その演技の振り幅は凄まじかったし、九頭龍はカッコ良すぎだし(眼帯後が特に)左右田は左右田以外の何者でもなかった(最大級の褒め言葉)流石です壱成さん!!
  • ストーリーについて。前作以上に長いあの原作をどうまとめるのかと思ったら、意外にも前半は日常パートを除けば、ほぼ原作通り。まあ番人とか謎のカウントダウンとかも流石にオールカットですが。誰が死に誰が最初に疑われ、トリックが何でクロは誰かは原作通り。
  • 原作からの変更点は原作4話目かな。建物を使った大掛かりなトリック話ですが、この話はまるまるカット。舞台だと再現無理だし、そもそもあのキャラが機械化しないので。なら、この話での被害者とクロはどうなったかというと、3話目のラストでのモノクマとの大立ち回りで仲間を庇い2人ともモノクマにやられて死亡という。そう、あのキャラは機械化する余地なく死んじゃう…クロは原作でのかっこいい見せ場の台詞をここで言ってやはり死亡…前作舞台版とはキャラの退場のさせ方が違いますが(前作舞台版は、間違ったクロに投票した際も処刑ルールでカットされた話の犠牲者も処刑で退場。今回もこのルール自体は存在してるけど使われない)この原作改変もキャラクターの性格を十分活かしての改変だったので違和感がなく、寧ろいい見せ場を貰った感じでした。
  • 他は話は多少端折るけど、前作舞台版ほどの改変はあまり見られず、そういう意味では原作により近かった印象。ただ端折りすぎて、一見さんには説明したげてよという名詞を使用しているのが気になりはしましたが…(場所の名前、舞台版に登場しない人物の名前登場など)
  • キャストから自ずと知れますが、未来機関の人物は一切登場しません。あるキャラの名前だけが出ますが、前作知らない人は「誰だよ?」になるかと。
  • 学級裁判について。今回も登場する着ぐるみパジャマ的な物を着たモノクマ軍団が舞台をセッティング。ただ裁判の演出は前作舞台版とは大分違います。モニターに喋っているキャラが映るので、ゲーム画面を見ているような感じになっています。また今回の裁判場は完全円形なので、立つ場所によっては背中を見せるキャラも。その分、まるでゲームで操作しているようにグルグルキャストの皆が回転しながら席移動して視点が変わります。
  • 効果も派手で、日向君が「それは違うよ!」の台詞と割れるSEと共に皆が吹っ飛びます。割と派手に吹っ飛びます。効果音は多めな印象。ただ原作にあった賛成パターンや舌戦バトル的なものはあまりないです。推理は結構さくさくあっさり進みます。
  • おしおきは、前作舞台版はオール「グングニルの槍」ですが、今回は槍で突き刺すのがメインでありつつも、2話目では剣撃、3話目では注射で発射と原作に近くはなっています。そういう意味では前作よりいいかも。
  • ラストの展開についてラスボス様は相変わらずラスボス様です。映像出演ですが、この舞台ではぴったりな演出になっています。巨大化もします。バスト5mくらいねと胸揉みながら言います。何言わせてんだ!!今回はキャラ変わると衣装も多少変わるよ!!
  • しかもここで死んだ仲間も全員登場!ラスボス様が演じているという設定なので、随分ぶっ飛んだ演技の皆が見られます。ブチ切れ口調の女性陣とか、逆に女言葉の男性陣とか。ポーズもラスボス様特有のポーズしやがるので、ラストバトルの筈ですが笑えます。特に某希望厨見てやって! 可愛いよ!!
  • 原作でも見せ場の某キャラとの再会シーンもあります。ただ「◯◯なのは私だけ」って台詞が削除されてたのには別の意味で泣きましたが。名台詞なのに!!
  • 日向君のビジュアル的覚醒シーンも先生によるおしおきシーンもなし。でも、他は原作通りかなあ。あの世界の真実も、生き残りメンバーも、メンバーが選ぶ結末も、最後の台詞も原作通りです。安心して観れるかと。
  • その他。音響ミスが若干あり、そこが残念ではあったかな。音が大きすぎたり、オフったまま始めちゃったり、肝心の合わせ台詞がずれちゃったり。勿体無い! 日向君が最後の最後で噛んだのも勿体無い!(ツッコんでやるな)
  • カーテンコール。眼蛇夢さんがここでも彼全開だったのは前述通り。しかも何故か弐大におんぶしてもらっての登場。何故!!? 帰りは逆に彼をおんぶしようとするがスルーされ、何故か豚神様が乗ってくる始末。眼蛇夢の上で指をビシッと伸ばして決めポーズをする豚神様。何この可愛い生き物たち!!
  • ちなみにコメントは九龍頭の坊ちゃん。客席に「じっくり見てもらっていいですか」からの「ジロジロ見てんじゃねえ!」は最高でした。しかもグッズの宣伝うまかった!
まあ、このくらいで。
他にも書きたいことはありますが、キリないので。
(一応クロなどの直接的なネタバレには配慮したつもり)
 
個人的には、前作より無難に作って冒険はしていない印象でしたが、3時間でしっかりスーパーダンロンの世界を描いていること、キャラの作り込みが凄いのは相変わらずです。
原作ファンならしっかり楽しめます!
 
ただ展開はどうしても早いので、原作プレイ済み推奨ではあります。
初見さんが「分からないところあって」とぼやかれていたので。
そこは要注意!
 
ちなみに、自分は特別傍聴席だったので台本貰えました。
 
f:id:shomi712:20151205235300j:image
 
暫くは、これを見ては思い出してニヤニヤできそうです。
 
以上、長文失礼しました!!