読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

梅花堪能

梅の花 壱輪咲いても 梅はうめ(豊玉発句集より)

 
と、土方さんが発句を詠んでいる(≠俳句)からという訳ではないですが、丁度時期ということもあり、今回はちょっと梅を見に行ってきました。
その時の写真をちょこっと載せてみます。
 
f:id:shomi712:20150308205645j:plain
 
枝垂れ梅が見頃で綺麗!
 
今回見に行ってきたのは、岡山市にある半田山植物園です。
山の斜面に作られた植物園で、スロープもしくは階段で巡っていくタイプの植物園です。
植物を見て回るだけで、結構なハイキングになります。
今回も、散歩がてら足を鍛えに来られたご年配の方を多く見かけました。
 
f:id:shomi712:20150308210035j:plain
 
f:id:shomi712:20150308210053j:plain
 
枝垂れ梅が本当に見頃で、鼻を近づけて香りを楽しめるほどすぐそばまで垂れ下がって来ていて、目でも香りでも楽しめました。
梅の花、本当に可愛い!
 
f:id:shomi712:20150308210307j:plain
 
f:id:shomi712:20150308210324j:plain
 
枝垂れ梅ではない普通の梅も綺麗に咲き誇っていました。
目の保養、目の保養!
 
桜も好きですが、香りも楽しめる点では、梅の方が好きかもしれません。
ウグイスもいい感じに鳴いていたし、少し早い春を存分に感じられるいい日になりました。
1時間のコースを1時間半くらいかけて、ゆっくり回ってきて、いい運動もできたし。
お近くにお住いの方がもしいらっしゃいましたら、是非是非。
梅、見頃ですよ。
 
ちなみに。
半田山植物園内には「一本松古墳」という古墳もあります。
 
f:id:shomi712:20150308210821j:plain
 
f:id:shomi712:20150308210840j:plain
 
前方後円墳で、小ぢんまりしてますが、古墳の上に立てるのは嬉しい仕様。
生憎、戦時中に砲台か何かを設置された関係で、竪穴式石室のあった所は掘り返されて、現在では大きな穴が残っているだけですが。
 
f:id:shomi712:20150308211215j:plain
 
こんな感じ。
 
でも、穴の中には、石室の跡らしき木組と石が見て取れました。
 
f:id:shomi712:20150308211314j:plain
 
植物園の中で一番高い位置にあるので、登るのは、結構な運動になるかもですが、行ってみるのもいいと思いますよ。
古墳から見られる岡山市街も見ものです。