読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

宇宙戦艦

レビューでは結構酷評が並んでいたので、大丈夫かなと思っていたけど、個人的にはよくまとまっていて十分楽しめました。
見に行ってよかった。
と、結論を先に述べておいて。

今日は「宇宙戦艦ヤマト2199~追憶の航海~」を見に行ってきました。
テレビ版の総集編ですね。
そのせいか、通常より安いお値段で見ることができました。

ナレーションが多用されているので興醒めだとか、戦闘シーンが細切れでBGMが堪能できないとか、事前レビューを見た時に割と叩かれていたのですが(現在もそういうレビューは増えている)
そもそも2クールアニメを2時間でまとめろというのが難しい話で、その点からすると、余計な部分はなるべく省いて何とか2時間で分かる内容になっていたので安心できた気がします。
戦闘シーンは結構がっつり堪能できましたし。
確かに、そこを端折るのかよという部分もありましたけど。
だから、時間的制約で厳しいっての。

あくまで戦闘シーンに重きを置いているので、日常パートはほぼなく、キャラクターの掘り下げを楽しむ感じの映画ではないですが、次の新作に対しての復習としては十分だと自分は思いました。
ただ前述通り、2クールアニメを2時間に圧縮しているので、初見であれだけ見て分かれとなると、ちょっと厳しいかもしれません。
自分は全話見ていたので、いい復習になってよかったのですが。
初見の方だと、評価は割れると思います。
まあ、総集編とはそういうものだ。

あ、でも個人的には、最終回の感動的シーンがカットされていたのが、ちょっと不満と言えば不満でした。
あそこは個人的に凄く泣いたのに!!
寧ろそこが見たかったのに!!
まあ、そこも端折らないと綺麗に終われないしなあ。
(ネタバレ配慮のため、色々ぼかし表現)
あれか、最終回を見直せということですね。
公式配信見てくるか。

ちなみに。

公式が3分で分かる動画を公開してますが、これが本当によくまとまっていて笑います。
これがある意味一番分かりやすいやも。