いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

史料発見

Twitterで小耳に挟んだのですが、今日(4/20)の読売新聞の記事に、新選組斎藤一に関する新史料が紹介されていたそうですね。
何でも、明治時代初期のある署の名簿が見つかって、「書記兼戸口取調掛」という役職で斎藤さんの名前が挙がっていたとか。

その署に所属していたという説も聞いたことがなければ、当時は「藤田五郎」と名乗っていた筈の斎藤さんが「斎藤一」という新選組時代の名前で記載されているというのも興味深くて、朝から驚いた次第。

署長の名前などが史実と一致していることから、間違いないのではないかという今回の発見。
名簿は7月から、霊山歴史館で公開されるとのこと。
是非見に行きたいですね。

新選組結成から150年経ちましたが、150年「しか」経っていないんですよね。
まだまだ何処かに彼らに関する新史料が眠っている可能性があると思うと、夢が広がります。
土方さん、土方さんの新史料(例えば日記とか)の発見もお待ちしております。
お待ちしております!