読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこのひびつれづれ。

好きなことを好きな時に書きたいだけ。

伊勢其肆

お伊勢参りの写真紹介もこれにて最後。
ここまでのお付き合い、ありがとうございます。
初日最初の記事は「伊勢其壱」から読めますので、最初から読みたい方は、そちらからどうぞ。

さて、では早速お伊勢参り2日目にして最終日(2013年11月2日)に巡った神社の写真紹介を始めます。
と言っても、2日目は昼過ぎには伊勢市駅から特急で帰りましたので、半日ほどしか滞在しておらず、巡ったのも2ヶ所のみです。

その1ヶ所目は。

 

f:id:shomi712:20131103220658j:plain

二見興玉神社」です。
猿田彦大神を始め、海の神様が祀られています。
本来は、外宮を訪れるより先にこちらにお参りして身を清めるのが礼儀ですが(清めの効果のある塩を司る神様でもあるので)ちょっと離れた位置にある上、最寄りの駅に来る電車が1時間に1本という不便な位置にありまして、自分は2日目に行かせていただきました。
順路遡って申し訳ないですが……
電車で行かれる方は要注意です。

こちらは、「夫婦岩」で有名ですね。
結構間近で見られます、こちらのように。

 

f:id:shomi712:20131103220713j:plain

さて、夫婦岩が見えてきたら、真っ先にあるのが。

 

f:id:shomi712:20131103220726j:plain

天の岩屋」です。
天照大御神がお隠れになったという岩戸(の1つ)ですね。
覗き込むと、岩と岩の間にことのほか小さい鳥居が見えます。
天照大御神は小さかったのかな……

 

f:id:shomi712:20131103220745j:plain

続いて見えてくるのが、「二見興玉神社」の本殿
更に奥へ奥へと向かっていくと。

 

f:id:shomi712:20131103220816j:plain

竜宮社」も見えてきます。
 なお、ここでご朱印を貰えるのは、二見興玉神社と竜宮社の2か所です。

また、ここの敷地内にはあちらこちらにカエルがいらっしゃいます。

 

f:id:shomi712:20131103220838j:plain

例えば、写真は天の岩屋そばにある手水舎には、水をかけると願いがかなうというカエルもいらっしゃいます。
「無事に帰る」との願いを込めて、あちこち設置されているようですね。

ここで、自分は朝ごはん。
ホテル周辺にコンビニがない上、素泊まりだったので、朝ごはん食べ損ねていて、こちらの敷地内にある食堂で食べました。

 

f:id:shomi712:20131103220852j:plain

伊勢うどん」です。
ちょっと醤油の濃い味なんで、半熟卵入れて丁度よかったです。
うどんは、この太さでかなり柔らかいです。

お腹も満ち足りたところで、また駅まで歩いて戻り(ちなみに二見浦駅が最寄駅になります)1時間に1本の電車をどうにか捕まえて、伊勢市駅に戻り、そこから今度は歩きで向かいました。
結構距離あったけど、頑張った。

 

f:id:shomi712:20131103220907j:plain

倭姫宮」(やまとひめのみや)です。
こちらも参道が曲がってる……
伊勢神宮を創設した皇女、倭姫をお祀りした神社です。

 

f:id:shomi712:20131103220930j:plain

テントの骨組みが映っていますが、これから倭姫のお祭りがあるそうで、それの準備をされていました。
骨組みを避けながら、参拝終了。
こちらでも、ご朱印を頂いてきました。

帰りも歩きでしたが、途中で疲れて、近鉄の駅から1駅分だけ電車に乗って伊勢市駅へ。
昼食後に伊勢市駅を後にしました。

こんな感じで、2日間のお伊勢参りは無事に終了。
頂いたご朱印は計8か所でフィニッシュとなりました。
以上、2013年11月1日・2日の2日間で行った、お伊勢参りの写真紹介でした。